2008年3月 1日 (土)

イケイケ

G社原稿、予定通りアップ。

これで当面〆切のあるものは無くなりました。

で、明日は撮影行の第2弾。

天王寺~道頓堀~本町~淀屋橋~天満宮~大阪城~西九条~梅田~北新地~四つ橋を、行けるところまで回ります。

そのための地図の撮影角度の確認でまた2時間。

朝からひどい頭痛だったんですが、そんな事をしてる内になんだか治ってしまいました。

明日は体調大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

強行軍

土曜日は既報の如く大阪市内の寺町巡り。

JR玉造で電車を降り、真田山から谷町筋に向い、

その後南下して天王寺に向かう形で寺を取材して回りました。

最初に行ったのは取材対象ではない三光神社。

真田幸村像と「真田の抜け穴」跡がある所です。

Img_1866_2 Img_1870_2

個人的趣味という事なんですが(笑)、最初に自分の趣味を追求した事で天がお怒りになり、突然の吹雪と相成りましたsnow

前も見えないため、しばし神社の本殿下で雨ならぬ雪やどり。

その後、回ったお寺は

午前が大応寺、興徳寺、心眼寺、西念寺、宝国寺、鎌八幡、楞厳寺、天然寺、大福寺、誓願寺、久本寺、法妙寺跡、本経寺、常国寺。

Img_2003 法妙寺跡の近松門左衛門墓。

喫茶店で昼食を摂ったあとの午後が大蓮寺、銀山寺、増福寺、西方寺、宝国寺、青蓮寺、吉祥寺、鳳林寺、光伝寺、西照寺、浄春寺、勝曼院(愛染堂)、円成寺、清水寺、安居神社、一心寺、超願寺、庚申堂。

この午後の部、上町活断層が形成した上町台地の高低差を考えに入れていなかった為に、台地西端部に位置する寺々へ通じる階段を頻繁に上下upwardleftdownwardrightしなければならない苦行に足が悲鳴をあげてしまいました。結局5回くらい上下したでしょうかrun。それに、それぞれのお寺もこの斜面上に墓地を設けているものですから、お寺の中でも上下運動があります。最後は膝が笑っておりました。日頃の運動が大切ですのぉ。

Img_2044 Img_2112 Img_2171 Img_2172 Img_2173

小生を鍛えてくれた坂の数々。

超願寺にたどり着いた時にはすでに17:00過ぎで、ここは境内を拝観できたものの最後の庚申堂は15:30に閉門してしまっており、中に入れませんでした。

でもまぁ、当初は最悪半分と思っていた寺々を、まがりなりにも全部回れたのは収穫でした。

アップした以外の取材先の写真につきましては、当該の書籍(『城と城下町』大阪編)が発刊された段階でまたご案内させて戴きますので、お買いあげ下さいbleah

なお、この取材行で一本〆切を過ぎた仕事が出てしまいました。B社のKさん、申し訳ございませんでした<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

携帯とか

携帯を新しく購入しました。

新発売の911T(ソフトバンク)

911t

なんですが、予約してあったので17日の発売日に入手し、

いままで触りまくっていました。

結論として、これはいいです。

ワンセグも見られるし、バルク品の2GBのサンディスク製microSDカードも全く問題なく認識したので、itunesから1GBほどのお気に入りの曲データをコピーして聴きまくっています。

スーパーボーナスで1年2年縛られないように一括で購入したので、iPhoneが出ても速攻乗り換えられるしね(笑)。

カメラは320万画素あるんですが、ちょっと広角の周辺域の画像のゆがみが目立ちますね。

Oap_1

光学ズームが無いんですから、広角画像の品質は頑張って欲しかったですが、

まぁ、緊急用としてはこれで充分でしょう。

スライド形なのも、キータッチも、小生的にはなんの不満もなし。

ただ、待ち受け画像をいくら「フォトアニメ」で自作の壁紙データを指定しても表示されるのはプリセットのCGなのはまだ解決方法を発見しておりません。

で、そんな事をしながら昨日は野暮用で桜宮のOAPに行ったあと、中之島図書館とジュンク堂に廻って帰りました。

図書館では『兵庫県史』他をコピーしたり、ジュンク堂では書籍数冊の他にお目当ての25,000分の1の地図の該当地域分が無いのに気付きその代わり高い10,000分の1地図を2枚買ったり(-"-メ)。

あと無印良品でブルゾン一着買い、帰りの電車では正面に座っていた若いサラリーマンがおもむろに大福を取り出してムシャムシャペチャペチャ食べ初めたのを見てこの国の将来に絶望しながら帰宅。

さすがに疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

音楽ケータイ対抗馬

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0605/22/news013.html

auの「ウォークマン携帯」、内蔵メモリは“音楽のため”に1Gバイト、メモリースティックPRO Duoにも対応して最大4Gバイト

う~ん、出して来たなぁ、au。

ソフトバンクのipod携帯の機先を制しようというわけですか。

でも、小生的にはデザインが嫌い(^ー^;)。

あと、メモリーはどうなんでしょ?

ipod携帯が実現したとしたら、その時それがどれだけのメモリ容量を持っているかですね。

なんとか60G確保してほしいです。

そしたら絶対auに浮気せずに買います>孫さん。

nano並みの容量だったら……買わないかも。

あ、あとauのはATRAC3方式に今の音資産を変換しなきゃならないのか……却下((笑))。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

音楽ケータイ奏でる

やっと転送が終わりました。

アルバム5枚分、ざっと30分強というよりは1時間弱(笑)で

書き込んで、いざ家人が試聴。

どんどん顔がほころんでいきます。

イ、イケテルのかっ!?

音、そんなにいーのかっ!?

奪い取るようにして我が耳にイヤホンをねじ込み、

聴いてみると……(ミ ̄ー ̄ミ)イージャン

なかなか腰の有る音です。

さすがに低音域はちょっと弱いかも知れないけど、

ドスドス周りに音洩れしても迷惑だし。

んーーーーー、ちょっと欲しいかも。

でもなー、操作がなんかタルいんだよね、NEC。

液晶フォントといい、やっぱり電子手帳の時代からザウルスへと培われたシャープのノウハウは偉大です。

そういえば、大昔に液晶割っちゃった僕の電子手帳どこ行ったろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

転送開始

というのは今や懐かしき「宇宙大作戦」(スタートレック第一作)でのカーク船長らのセリフ。

この命令で、船長らはエンタープライズ号と惑星上とを光の粒となって瞬時に行き来してました。

少年の頃、未来にはあんなに簡単に瞬間的に人やモノが転送できるようになるかも、と半分真剣に信じてました。

で、ところかわって現代の日本の大阪の一隅。

今日買ってきた音楽ケータイに音楽データを転送しちょります。

Vfsh0001_1 ……これが遅い(^ー^;)。

実に遅い。

アルバム4枚分ですから、ある程度は覚悟してたんですが……。

USB2.0でもこんなもんですか。

この調子だと、カーク船長転送しようと思えば100万年かかりますね(笑)。

うーん、しょっちゅう曲を入れ替えようとはあんまり思わないかも。

やっぱ僕は容量の大きいipod携帯が出るのを期待して待つことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

音楽ケータイきたる

標題の如し。

我が家に音楽ケータイが来ました。

家人のケータイが2年たって筐体にひびが入るようになってきたので、そろそろ潮時か、と。

……と、言っても買い替えを決めたのは随分前です。

新しい機種、ボダの804Nがいい、となってからこの機種、全然発売されなかった(^◇^;)。

「近日発売」から半年近く?経ってようやく関西にも御目見得です。

Vfsh0002

NECさんはきっとdocomoとかの方が大事なのでしょう、生産体制が今でも不十分のようです。

ま、ともかくこれで3Gケータイが我が家にも登場(小生はまだ2G)しましたが、家人の実家はまだ電波が弱いエリアなんですよね(イナカ?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

キタコレ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060513-00000041-mai-bus_all

「ソフトバンク(ボーダフォン)と米アップルコンピュータが提携し、iPod(アイポッド)機能付きの携帯電話端末を共同開発する方向で最終調整。「iチューンズ・ミュージックストア」から直接音楽を取り込め、携帯をiPodとしても使える」

おおおお、これ、これですよ、これを待ってました。

多少でかくて高くてもいいんで、是非60GB以上のハードディスク積んで動画も見られるタイプのをラインナップに加えて戴きたい。

ライトユーザー向け→オシャレで可愛いnanoタイプの薄型携帯

ヘビーユーザー向け→大型で大容量、ワンセグも動画もOK、デジカメも300万画素以上、フルブラウザでネットもOK

こんなの出たら速攻買いますよ、孫社長~!

あー、あまたの誘惑に負けずボーダフォンから他に乗り換えなくて良かった(*^o^*)。

ソフトバンクがボーダフォン買収、のニュースが出た時からサプライズを期待してたんですが、まさかipodとは!!!

すでにauが同種のサービスを導入してますけど、規模からいってipod=itunesの比ではないですな。

これで、カーナビにもつなげられて(最悪FMトランスミッタ接続でも可)、

家でも今あるような外付けスピーカーに接続できて、町では歩きながら普通に聴けて、となれば最強に強まりまくりじゃないですか。

あとは国内メーカーがどこまで早期に対応して供給できるかでしょうか。

ipodって、生産はどこでやってるのかな?

そこからユニット供給を受けて携帯メーカーサイドで携帯に組み込むのかな?

それともライセンス供与で一気通貫で生産しちゃうのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)