2010年4月 7日 (水)

哀悼

「足の速さは 誰にも負けない 風を切り走れ 木村拓也」
広島カープ時代の応援歌。

まさに風を切って走り去ってしまった。鮮やかな印象を残して。
ありがとう。
永遠に記憶の引き出しに大事にしまっておくよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

栄冠は君に輝く

大阪に住んでいる事もあり、夏の甲子園「報徳学園-大阪桐蔭」戦を熱くテレビ観戦。

敗れた報徳の主戦、近田投手の全てを真正面から受け止める爽やかながら力強い面構えと、勝った大阪桐蔭のリリーフをした奥村選手の「殺気」と言っても過言ではない、17・8歳とは思えない鋭い眼光の、両方が非常に印象的でした。40年ほどの甲子園観戦の記憶の中でもトップクラスの存在感だった思います。

どちらの選手も、プロであれ社会人であれ、もっとその表情を追い続けたいアスリートです。勝者も敗者も、栄冠は君たちに輝き続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

大相撲

Dsc02482

春場所もいよいよ大詰め。

祥雲寺も例年通り出羽海部屋の宿所となっていますが、

普天王が今日勝ち越しを決めたので、

今頃大いに盛り上がっている事でしょう。

よかった、よかった。

今日の取り組みでは、朝青龍が見事に敗れ、観ている小生も興奮しましたが、

すなかぶり席で御覧になっていた綺麗なご婦人が、飛び交う座布団を怖れ、

こわごわ後ろを様子見しようと首を廻した途端に顔に座布団を喰らっておられ、

お気の毒ながら笑ってしまいました。

なんだか「マーフィーの法則」にもありそうで、「こわごわ振り返ると必ずそこに物が飛んでくる」みたいな。

ところで、橋下知事はこの春場所会場の大阪府体育館を一体どうするのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

お彼岸

昨日はお墓参り。

朝ぼた餅などを持って祥雲寺さんに行くと、

出羽海部屋の力士さんたちが朝練していました。

体がぶつかりあう音と気合いのこもった声が凄い迫力です。

Sumou その周囲にはダシのいい匂い。

力士さんたちが食べるのか、見学のタニマチさんたちが食べるのか、

ちゃんこって本当に美味しいですよね。

そういえば最近「志可」のちゃんこにご無沙汰している……食べたい。

今場所、出羽海部屋のフテちゃん(勝手にそう呼んでるだけです^◇^;)こと普天王関は

あっさり負け越し。

来場所こそ頑張って欲しいものです。

がんばれフテちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

昨夜は

深夜にワールドカップサッカーのイタリア・オーストラリア戦を観てました、仕事もせずに(笑)。

やっぱり、最後の最後にPKを獲得してサヨナラ勝ちするあたり、イタリアは日本にはないしぶとさ、狡猾とさえいえる技術、勝利への執念を持っていますね、面白かったです。

アロイーシ

http://www.weys.net/data/moca/national/asia/australia-fw/aloisi.html

って、試合中も笑顔が「渋爽やか」で、ちょっと

ジョージ・クルーニー

http://www.fmstar.com/movie/g/g0008.html

みたいで格好よくないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

信仰と情熱の間

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060621-00000204-reu-ent

[バンコク 21日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)1次リーグが佳境を迎えるなか、タイでは早朝に托鉢を行う僧侶の姿が減っている。21日付の現地紙が報じた。同紙によると、チェンマイに住むある女性が誕生日の朝に儀礼の施しをしようとしたところ、寺院の僧侶たちはまだ起きておらず渡せなかったという。この女性は寺院側から、若い僧侶たちは深夜にテレビ放映されるW杯観戦で夜更かしをしており、まだ寝ていると説明されたとしている。 (ロイター)

スゴイなぁ(^ー^;)、まさに信仰心を凌駕するワールドカップサッカーへの情熱ですね。

小生はそこまで入れ込む元気も情熱も無いですけど(笑)。

ワールドカップへの関心が篤い信仰心さえも退けてしまうのなら、イスラム国家とキリスト国家で一年中ワールドカップサッカーやればどうでしょ?

それで中東問題が全部吹っ飛んじゃえばサッカー様々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

晴れ舞台

ワールドカップ、結局クロアチア戦ドロー。

後半、なんとか積極的なプレーを観ることができましたけど、

いかんせんパスの精度と決定力は前回同様でしたね。

さぁ、これで次は泣いても笑ってもまさに最高の晴れ舞台、ブラジル戦だ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

メッシ

http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060617-00000076-nks-spo

 アルゼンチンの天才レフティーFWリオネル・メッシ(18)が、衝撃デビューを飾った。W杯史上3番目の若さでゴールを決め、FWクレスポへのアシストも決めて、1ゴール1アシストといきなり結果を出した。
「楽しめた」。スペインの国籍も取得し、同国協会から代表入りを打診されたが「アルゼンチンを愛しているから」と断った。
(日刊スポーツより)

メッシのプレー、小生も見ました(^ー^)。

「マラドーナの再来」と呼ばれているそうですが、マラドーナよりずっとノーブルな印象を受けます(笑)。

人気があるのもわかりますね。

プレーはスピード感はありますが、なんだか個人技が凄いとかいう感じではなく、あっさりとやってのけてしまうという感じでしょうか。

逆にそう見せてしまうのが凄い所なのかも。

野球だってファインプレーに見せないプレーが一番凄いっていいますから。

で、そのメッシが「楽しめた」と言い、スペインでなくアルゼンチンから出場したことについて「アルゼンチンを愛しているから」との仰せ。

「楽しみ」ながら「母国愛」に燃えてプレーするって、二律背反のようです(日本選手なら「母国愛」は単なるプレッシャーになるような)が、メッシの中では何の矛盾もなく両立してるんでしょう。

日本の選手は、果たしてどれだけ楽しんで、そして母国愛に燃えてプレーしているのでしょうか。

愛国心が足りないなどと言っているのではありませんが、何か根本的にメッシと日本選手とは違う何か(肉体的な事じゃなく)があるような気がしてなりません。

ちなみに大会直前に右太ももを痛めて前回のコートジボワール戦はベンチ組となり、「僕にできることはプレイステーションでアルゼンチンを優勝させるだけ」と落ち込んでいたそうですが、プレステでサッカーゲームしてるというのが面白いですね(^▽^)。

さすが18歳。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

帰らぬ時

http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060616-00000019-jij-spo

【ボン15日時事】オーストラリア戦で、日本に与えられるPKが見過ごされたと、国際サッカー連盟(FIFA)が指摘したことについて、ジーコ監督は15日、「あれがPKであれば、状況はまったく違っていた」と語り、敗戦に誤審の影響があったとの見解を示した。
また、ジーコ監督はエジプト人主審が日本の前半の中村(セルティック)のゴールについて「日本FWのキーパーチャージで反則だった」と豪州GKに発言したとされることには、「あってはいけないことだ」と批判した。

んー、

今思い出しても悲惨なワールドカップサッカー日豪戦敗北(;へ;)。

でも、PK貰ったってそれで外す可能性だってあるわけだし、死んだ子の歳を数える様な事をしてもしょうがないと思いますけど。

日本の得点に関しても上記の通り疑惑はあるわけですし、いつまでもグチグチ責任逃れの不平を言ってないで目の前の課題に集中して戴きたいですね(^ー^)>ジーコさん。

川淵会長も「そういうこと(誤審)も含めてサッカーだからね」と仰っているそうですが、しかりごもっとも。

とにかく敗戦の原因は決定力不足に尽きると思います。

誤審のせいにしてたらいつまでたっても強くなんかなれません。

どれだけ誤審されようと関係ないくらい強くなればいいんですよ。

がんばれ、ニッポン!

続きを読む "帰らぬ時"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

合間に用足し

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060614-00000003-kyt-l26

サッカーのワールドカップ(W杯)日本-オーストラリア戦が行われた12日夜、京都市の浄水場から家庭などへの配水量がハーフタイム中に急増し、試合中に比べ最大1・7倍になっていたことが分かった。市上下水道局は「テレビ観戦の市民が、休憩中に風呂やトイレを集中的に使ったためでは」と分析、「日本が前半にリードしていたので、安心して入浴した人が多かったのでは。後半は終了間近まで緊迫し、トイレに立てなかったのでしょう」(京都新聞より)

面白いですね(^▽^)。

昔ラジオしか無かった時代、大ヒットしたラジオドラマ「君の名は」の放送時間帯には町のお風呂屋さんから女性客の姿が消えたそうです。

テレビ放送が始まると、国民的ヒーローの力道山のプロレス中継を観るために町の街頭テレビにみんなが集まりました。

よど号ハイジャック事件、あさま山荘事件などの中継には、延々と変化のない画面を、それでも終日固唾を呑んで日本中が見つめていました。

世の中は変わっても、メディアに依存し熱狂し集中心を発揮する人々の性向は変わってないんですね(笑)。

つーことは、次に興味のあるのは対戦時間中の犯罪発生率。

どこかにデータ出てないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧