« 「風林火山」(41) | トップページ | 「風林火山」(42) »

2007年10月21日 (日)

「三好長慶の時代」

副題は<「織田信長芥川入城」の以前以後>。

現在高槻市の高槻市立しろあと歴史館で開催されている特別展です。

秋晴れの昨日、この展示を見に行って来ました。

出るのが遅かったので、日が傾く前に近隣の史跡を撮影し、

その後で歴史館に入る事にして、

Ukon1 まずはカトリック高槻教会へ。

門を入った左側に高山右近の像。

右膝をついて上方を一途なまなざしで見つめる

求道青年の姿、

とても雰囲気があります。

Ukon2 続いて城跡公園にたたずむ

これも右近像。

こちらはやや歳を重ねた感じ?

の重厚ながらもやはり上方をしっかり見つめる

求道の姿です。

Takatsukijo_ato 公園の北東隅にある

「高槻城跡」の石碑。

Dodaiishi その隣には天守や門の土台に使われたという

石が積まれています。

Kyoukaiato

こちらはやはり石垣に使われたという石が置かれた

「高山右近天主教会堂跡」。

Nomijinja1  Nomijinja2その東隣にある野見神社の本殿前左右に

控える狛犬さんたち。

ちょっと味があるお顔なので

撮影させて戴きました。

しかし、高山右近によって一旦破却された神社が、

のち復興され、一方右近の建てた教会は痕跡をとどめていないあたり、

そしてそれが高槻城三ノ丸の跡地内に隣接しているあたり、

時の流れの玄妙さを感じますね。

Shiroatorekisikan しろあと歴史館。

展示はこじんまりとしていましたが、

三好党や松永久秀に関する史料は元から興味の対象中でも優先順位が比較的高い小生なので、楽しませて戴きました。

常設展図録と特別展図録を購入して帰宅。

さかいまつりの音楽が風に乗って聞こえて来る中でこの文を書いてます。

|

« 「風林火山」(41) | トップページ | 「風林火山」(42) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107004/16827110

この記事へのトラックバック一覧です: 「三好長慶の時代」:

« 「風林火山」(41) | トップページ | 「風林火山」(42) »