« 全然皆目まったくさっぱり見事に | トップページ | 収穫 »

2006年7月 4日 (火)

日本歴史が無くなった

といっても、日本がリセットされたわけではなく(笑)。

今日、ひさしぶりにジュンク堂なんば店に行ったら、いつもの日本史のコーナーに並んでいないのです、「日本歴史」が。

「日本歴史」は、吉川弘文館発行の歴史論文雑誌で、浅学の小生はいつもこの本に助けられています。

http://www.yoshikawa-k.co.jp/cgi-def/admin/C-006/store/goods/gd_10.html

で、その「日本歴史」が無いのですよ、書架に。

店員さんに聞いてみると調べて下さって、「1階のカウンターで出します」との事。

なんで1階で?といぶかりながら降りてカウンターに行ってみると、差し出されたのは6月号。

「すみません、これしか在庫が無いんです」

……?

事情を窺うと、なんでも全然売れず、6月号を最後に配本を停止したとかヽ( ゜д゜;)ノ。

ありゃー、そんなに売れなかったんですか。

でも、「戦国史研究」とか「武田氏研究」よりは売れてるんじゃないかという気もするんですが……それらはしっかり書架に並んでるんですよねぇ。

それよりビックリしたのは、以前ジュンク堂池袋店がテレビで紹介されていたとき、お店の方が「うちは1年に1冊も売れない本でもちゃんと並べます」と豪語してらっしゃったのが、今はもうあっさりその看板を降ろしちゃったのね、って事です。

んー、ジュンク堂のすごさはそこにこそあったのになーーー。

もう、町の本屋さんだけでなくこういう大規模書店も苦しい時代になってるんでしょうか。

|

« 全然皆目まったくさっぱり見事に | トップページ | 収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107004/10787644

この記事へのトラックバック一覧です: 日本歴史が無くなった:

« 全然皆目まったくさっぱり見事に | トップページ | 収穫 »